絶え間ない技術力と組織力の追求

社内一丸となり、常に問題意識を持ちながら技術力の追求・改善活動を積極的に進め、顧客ニーズに答えます


先端の複合NC自動旋盤による加工ライン(一次工程)

Φ0.05~Φ64.0mmのサイズの製品を各種複合NC自動旋盤により、お客様のニーズに合わせ柔軟に対応しています。加工素材はステンレスを中心に、アルミ・真鍮・POM材の加工に対応しています。

また、量産品だけでなく試作加工の要望にも応えています。

 



高い技術力による二次加工(二次工程)

ベンチレース加工等、創業から培った匠としての技術を新たな技術と融合し微細加工に対応します


生産管理システム 『NES』&工場間ネットワーク

西田精機では多様な形状の製品をを月300万個以上加工しています。

少人数で効率的な多品種少ロット生産に対応するため、工場間で共有のネットワークを持ち、リアルタイムで情報の交換をしています。

さらに生産管理システム『NES』を活用し、膨大な数の製品の生産計画の作成や、実績の収集を行っています。


高い品質を保証するための検査

投影機による『工程内検査』

顕微鏡による『仕上検査』

手作業での検査と自動測定機を組み合わせ、製品の品質を保証しています。