interview

管理課&常務取締役


常務取締役・管理課

2016年入社

経営者の一人として自覚と責任を持ち、企業を発展・継続させる強い意志の基、働きやすい環境を作り、社員や地域に還元していけるような行動を考えていきたいです。

私は大学卒業後、取引先である会津オリンパス(株)で業務に従事させて頂きました。弊社が納品した製品についても客観的な立場で見る事ができました。現在は経営全般と管理課でお客様との商談や交渉等のやり取りを行っております。お客様と会社のジョイントのような役割をしています。取引先での経験から不良品の改善・生産過程の構築をメインとし、今の技術をシステム化し技術力の高い人を増やす事が目標です。これからの西田精機の成長を支えるITやAIを如何に、生産性・技術面に活かす事が出来るかを常に考えながら会社経営に携わっております。

 

社長の理念である「世界ナンバーワンNo.1のものづくり創り企業」の実現及び、世界に通用する「西田ブランド」の立ち上げを大きな目標にしています。そして、会社の成長とその大きな目標を達成するため、「やる気や夢がある人材」を常に求めています。仕事をする上で、目標を持った意識の高い人物を求めていますが、やはり一番大事なのはコミュニケーション能力だと思います。個々の能力だけを求めるのではなく、チームとしての能力を引き出せる環境づくりこそが私の仕事だと思っています。


.


管理課 計画係

2019年入社

 

【就職活動アドバイス】

自分は何が好きか、何を仕事にしたいかを考え、就職活動の軸を決めましょう。その軸がしっかりしていれば面接でも、自分の正直な想いを話すことができるはずです。もし、選考に落ちてしまっても、自分を責めるのではなく、その会社と相性が合わなかったと捉え、次の挑戦の糧としてください。

【これが私の仕事】

主に出荷管理と取引先との注文に関するやり取りを行っています。出荷管理では出荷の指示はもちろん納期に間に合うように各工程との加工計画の調整もしています。製品に触れる機会は少ないですが、会社の窓口となり取引先の注文通りに出荷を促すという重要な役割を担っています。

一日のスケジュールとしては、朝はその日に出荷する製品の完成品数の確認と出荷の指示を行います。日中は翌日以降に出荷する製品の在庫と加工計画の確認や仕上検査計画の作成をしています。また、お客さまからの連絡があれば都度対応しています。

 

【やりがいを感じたこと】

納期に間に合わなそうな状態が過去にありました。その際、製品の状況を機械加工から出荷まで逐一確認していたのですが、徐々に製品が完成していき、無事に出荷できたとき大きな達成感と嬉しさを感じました。

 

【職場環境について】

環境として全室冷暖房完備で防音がしっかりされているところが好きです。仕事上、パソコンに向き合う時間や電話連絡が多いのですが、それらに集中できる職場であるおかげで充実した仕事ができていると感じます。

夜勤や休日出勤もなく、有給が取りやすいです。病気など急な欠勤をしてしまった際は親身になって対応してもらえるため、安心して仕事に向き合えます。